暗証番号の鍵に交換

昔は家の鍵などかけずに外出しても、特に問題なくすごしていたものです。
また、家に鍵をかけるときは、ポストの中や家の裏に鍵を隠して、他の家族が帰ってきたときに使えるようにしました。
しかし、今は家族の人数分だけ鍵をつくり、一人が一つずつ持つのが当たり前の時代だと思います。
一人が一つずつ鍵を持っていれば、誰が鍵をかけても心配ありません。
ただ、それでも鍵をなくしてしまったり、学校や会社に鍵を持っていくのを忘れて、家の中に入れないということが起きたりすることもよくあるもので、何か良い解決策はないかと頭を悩めます。
そのようなときにお薦めなのは、暗証番号キーに交換してしまうことです。
暗証番号キーに交換すれば、一人が一つずつ鍵を持つ必要から解放されます。
鍵をなくす心配もありません。
暗証番号キーは見た目がちょっとインパクトがありますが、それでも最近はおしゃれなタイプもあり、玄関にマッチしたものもあるようです。
暗証番号キーというのは、暗証番号を入力すると鍵を開けることができるものです。
暗証番号さえ知られなければ、誰でも開けることができません。
また暗証番号キーはデジタル式のものと、アナログ式のものがあります。
アナログ式のものは、とっても単純な構造でできており、値段も工賃込みで3万円程度ととても格安です。
構造は単純ですが、機能的にはこれで十分といった感じです。
ただ、アナログ式は見た目のデザインが若干劣るというか、冷たい印象を与えるかもしれません。
これに対してデジタル式は構造がやや複雑になり、価格も10万前後するようになります。
ただ、デジタル画面が表示され、かっこいいです。
暗証番号キーはドアを閉めると必ず自動ロックされるので、安心感がありますよ。
この自動ロックの安心感は実際に使ってみると本当に高く、鍵の閉め忘れの心配から解放されます。
開けるときだけ若干の手間がいりますが、番号を覚えてしまえば特に問題はないでしょう。

Posted in 高い防犯性 | 暗証番号の鍵に交換 はコメントを受け付けていません。