住まいもまた年をとります

住まいは時間経過と共に老朽化します

住まいの設備もまた人の身体と同様に、時々は身体検査が必要です。
長い間、家族の暮らしを守って来てくれた住まいには、どこかしら痛みが出てしまうものです。
扉がガタガタしたり、窓が割れてしまったり、瓦屋根がズレてしまう等、住まいは時間経過と共に経年劣化が出るのが普通です。
また玄関や勝手口の鍵も同様で、経年劣化で鍵穴が傷んでしまい、普通に使えなくなる事があります。
正しく鍵が差し込めなくなった鍵穴は早めに交換すべきです。
放置しても鍵穴が直る事はありませんし、今は何とか鍵を穴に差し込めてギリギリ解錠する事が出来ても、将来的にはいつ故障するか分かりません。

交換の決断は早めが大事です

ついつい人は重大な決断程、先送りにしがちです。
そしていざトラブルが起きてから、あの時に鍵交換を早めにしておけばよかった、と後悔してしまうものです。
後悔先に立たずとはよくいったものでして、鍵交換の経年劣化に気づいた段階で出来れば専門業者に問い合わせを入れて、取り替えの依頼をしましょう。
専門業者の多くが迅速な訪問をしてくれます。
場合によっては当日中の訪問、工事が進められます。
指定した時間、曜日に訪問してくれるため、家族の者があまり平日、朝昼、自宅にいない家庭でも平気です。

格安で鍵交換サービスを受けるためには

リフォーム業者よろしく今では鍵交換のサービスを請け負う専門業者が非常に増加して来ました。
郊外の街にも複数の専門業者が置かれています。
安く費用を抑えたい方は少し工夫してみましょう。
あえて最初から一つの専門業者に決め打ちをせず、複数の専門業者に相談し、見積りを色々と受けてみましょう。
全く同じ鍵交換の依頼でも、専門業者によって総合的な費用はかなり変わってきます。
どうせ依頼するなら勉強してくれる専門業者の方がお得ですので、2店舗から3店舗程、見積りを受けてみて、最も納得出来る条件を出してくれた専門業者に本依頼をしましょう。
見積りや相談だけなら、コストは掛かりませんし、電話やネットですぐに済むため、忙しい奥様や旦那様でも平気でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です